産廃処理は廃棄処理場持って行こう│特殊な機械で活躍

回収

産業に伴う廃棄物

検査や管理をして廃油を正しく処分してもらうことができます。できるだけリサイクルをしてエコな生活を実現しましょう。

低価格で高性能な産廃処理の重機を販売・レンタルしている業者はこちらです。購入後のメンテナンスなども充実しているお勧めの業者です。

産業廃棄物は産廃処理場で

作業員

各種の産業で出た廃棄物はすべて産業廃棄物となります。この産業廃棄物は適正に処分されなければなりません。各種産業で出た廃棄物は一般的に産廃処理場で処分されることになります。この場所は産業廃棄物を適正な形で処分する場所です。廃棄物をそれぞれの分類ごとに分別しそれぞれの処理方法で処分を行っています。たとえば紙類、プラスチック、木材、がれきなどそれぞれの処分方法で処理を行っています。産廃処理場は中間処分場と最終処分場に分かれ、中間処理場では最終処分場で処理がしやすいように廃棄物の大きさを小さくしたり、がれきなどの大型の廃棄物などは破砕処理などを行います。中間処理場で小さくなった廃棄物は最終処分場でひきとられます。ほとんどの廃棄物は最初に中間処分場に持ち込まれています。これらの廃棄物を産廃処理場に持ち込む際は予め分別して持ち込んだほうが処分料金が安くて済みます。分別する際には、フルイ機を使用すると良いでしょう。フルイ機では、ガレキや砂利などをキレイに分けることが可能となっています。また、そのためには粉砕機を用意しておくと、より作業効率を挙げることができます。

産業廃棄物をリサイクルに

これらの廃棄物は再利用できないものは埋め立て処分となります。大きな土地に穴を掘りそこに埋め立てられていきます。最近は埋め立てる量が多くなって埋め立てをする場所がなく社会問題にもなっています。またこれらの廃棄物をリサイクルしようという試みもたくさん行われています。コンクリートがれきなどは大型の破砕機を使って粉々にして鉄とコンクリートがらに分別して、コンクリートがらは新しくできる道路の材料として再利用します。木材などのごみは小さく破砕して肥料にしたり、バイオマス発電の燃料にするなどたくさんの試みがなされています。これらのように産廃処理場では新しい試みがたくさん実施されており環境にやさしい処分場として各種産業の廃棄物がたくさん持ち込まれています。

工事現場で活躍する重機

ラフタークレーンとは伸縮するブームを有した移動式クレーンのことです。使用方法によって必要な車体重量が変わるため事前検討が重要です。また労働安全衛生法やクレーン規則に基づいて維持管理を行っていくことが求められます。

読んでみよう

再利用していこう

事業者が信頼できる良い産廃処理業者と廃棄物処理の契約を結びたいと考えているのであれば、平成23年に開始した優良産廃処理業者認定制度を利用するとよいです。認定を受けた業者は従来よりも厳しい基準をクリアした業者ですから、信頼することができます。

読んでみよう

建設現場で活躍

ラフタークレーンは4輪駆動の走行車両にクレーンを据え付けた作業車です。トラッククレーンに比べると車体がコンパクトなため市街地などでの小回りがきき、また不安定な地面の上でも作業ができるという特徴があります。

読んでみよう